ななな            

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→ 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 小説 □

近い将来

 繭花はスーパーに来ていた。
 手に提げたカゴは溢れるほどたくさん品物が入っていた。しかも全部牛乳。
 それをたまたま同じスーパーに来ていた友達の萌子が見つけ、
「こんにちは、繭ちゃん。うわっ、重そう。って、全部牛乳。どれくらいあるの? これ」
「おぉ、こんちゃ、萌。んん~。十本くらいかな?」
「どうしたのそんなに買いだめして」
「それはだねぇ―――――

その日の朝。
繭花は朝食をとりながらテレビを観ていた。
『今日一番ツイてないのは残念ながら山羊座のあなた!』繭花←山羊座。
『今日は全てが空回りな一日。もしかするとあなたにとってこの上なく大切なものが無くなってしまうかも!』繭花はいままさにそそごうとしていた牛乳に目を向ける。
『今日のラッキーパーソンは。あらかじめ早めの行動。です。』
「…………」
そして次のニュース番組が始まり、
『おはようございます。どうもここ最近は景気が悪く、経済も安定しません。市場でも様々なものが値上がりをしています。このまま値上がりを続けると近い将来エンゲル係数100%でも家計が成り立たなくなると言われています』キュピーン。繭花はひらめいた。

―――――と、言うわけなんだよ~」
「な、なるほど、それで買いだめを。でも、そんなに買っても飲みきる前に賞味期限切れちゃうよ?」
「それは大丈夫! 五日かからないでで飲みきるから!」
(あ、あれ? 近い将来のための買いだめじゃなかったの?)萌子はつっこみをこらえ。
「近い将来だもんね!」受け入れることにした。
スポンサーサイト


→ 「小説」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/04/12
Trackback:0
Comment:0
UserTag: *  テスト 

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kuroihakobu.blog2.fc2.com/tb.php/2-2ab84df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。