ななな            

* Novel List *

 

スポンサー広告

小説

*   テスト  
 近い将来
 繭花はスーパーに来ていた。 手に提げたカゴは溢れるほどたくさん品物が入っていた。しかも全部牛乳。 それをたまたま同じスーパーに来ていた友達の萌子が見つけ、「こんにちは、繭ちゃん。うわっ、重そう。って、全部牛乳。どれくらいあるの? これ」「おぉ、こんちゃ、萌。んん~。十本くらいかな?」「どうしたのそんなに買いだめして」「それはだねぇ―――――その日の朝。繭花は朝食をとりながらテレビを観ていた。『今日一...
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。